ペットボトルで自動給水器を作る

留守中の鉢植えのための、非電化・自動給水器を0円DIY!

 5分で作れます!

ガーデナーを悩ませるお盆のアレ

さて、もうすぐお盆休み。お盆休み、といえば……

帰省や旅行といった長期不在イベントの発生

植物への水やり困難

水切れ=枯死

という恐怖の連想ゲームに悩まされる我が家でありまして……特に今年の暑さからすれば、地植えはともかく、鉢植えは1日たりとも水やりを欠かすわけにはいかないッ! なんとかして、お盆4日間の不在をしのがなければッ!

ということで、あれこれ考えた結果、できるだけ簡単・安価な方法でいくことにした。

ずばり、トロ箱に鉢植えを並べて底面給水する方法。

ただし、水をたっぷり溜めておくと根腐れのおそれが増す。かといって水が蒸発しきっても困る。一定の深度で常に給水し続けたい。そこで、自動給水器を作ることに!

自動給水器の仕組み

↓こういうペット用のものからお知恵を拝借。

気圧の原理を利用しているらしい。難しいことはよくわからないのだけれど、イメージとしては……

ボトルを逆さまにしても、水面が蓋になって、水は落ちてこない。

水位が下がると、蓋が開いて、水が落ちてくる。

蓋がされると、水が止まる。この繰り返し。

自動給水器の作り方

材料・道具

・同型のペットボトル(炭酸用1.5リットルがおすすめ)……2本

・カッター・はさみ

手順

ペットボトルひとつを筒状に切り出す。ホルダーになる部分。

もうひとつのペットボトルにはめてみる。

 ボトルの口が水面の高さになる

ここで、水面の高さを考えつつ、ホルダーの長さを調整(今回は水深2cmにすべく切ってみた)。切り取りラインは多少ゆがんでいても大丈夫(逆にきっちり真っ直ぐだと密閉されて良くないような気がする)。

ボトルの口(水面)よりも上になる部分に、一カ所空気穴を開ける。

※この空気穴がないと、うまく作動しないおそれ。

完成。ホルダーと本体でワンセット。

使い方

トロ箱に鉢植えを並べる。予定水面の高さ(今回は2cm)の水を張る。

給水器に水を満タン入れて、

両手で持って、ガバッと逆さに据える。

この時点では、あまり給水されない(予定水面の高さになるまで給水される)。

試しに水が蒸発した場合を想定して、トロ箱から水を汲み上げてみよう。水位が下がると、このように給水が始まるはず。

予定水面の高さに達すると、給水が止まった。よしよし、うまく作動したみたい。

ペットボトル1本で作る場合【2018/08/10追記】

もっと簡単に作れないかな? と思ってやってみたら、できたので追記。

キャップ付きペットボトルを1本用意し、下の方に穴をあければ完成。今回は下から2~3cmのところにあけた。

拡大図。カッターで四角に切り抜いた。目打ちなどであけてもいいと思う。

水を入れるときがちょっと面倒。穴を指で塞いで、水が漏れないように……(または、キャップをしめて、穴の方から注ぐ?)。

いっぱいになったらキャップをしめる。

穴を指で塞いだまま、そっと水を張ったトロ箱へ置く。

蒸発したとき用の実験。水を汲み上げると、給水が始まる。

予定水位(表面張力があるので、穴の上端から約5mm下)に達すると給水が止まる。

※サイドの穴に鉢植えポットがくっついて穴が塞がると作動しない。鉢植えを離して置く。

注意点など

・トロ箱&給水器は、日陰に置いておく。

※水の入ったボトルが集光レンズになって発火する危険があるため。また、日向で水が茹だると、植物の根にも悪そうなため。

・トロ箱の大きさ・不在期間の長さによっては、1本では足りないかも? その場合は、何本か追加で設置してもOK。

・1週間程度の不在を想定。あまり長期の不在になると、根腐れの危険がありまする。

それでは皆さん、よいお盆休みを~!


いつも励ましの一打賜り、まことにかたじけないッ

スポンサーリンク