夏に涼しい庭作業着を作る

猛暑に立ち向かうべく、バトルスーツを縫う。

今日から8月。灼熱の日々が続く昨今、皆さんどんな格好で庭作業してはります???

自分は、適当に長袖Tシャツなんかを着ていたのだけれど、

こういうニット生地って厚くて暑いし、汗でへばりつくし……夏の外作業の不快感が倍増する! と気付いたので、

布帛で作業着を縫ってみた。見た目も大事ってことで、涼感を呼ぶ寒色カラーを採用。

襟無しで首回りを涼しく。綿リップルのぽこぽこした生地、汗をかいても貼り付かない

長袖を取るのに生地が足りなかったので、袖口のみ別布(綿ニット生地)を縫い付けた(アームカバーみたいで案外作業しやすかった!)。

身頃はぶかぶかなので、風が通って気持ちいい~。思った以上に快適だった。これはもう元の長袖Tシャツには戻れないわ~。もっと早く作れば良かった! 洗い替えも必要ね。

この服の元パターンはこちらの本から。アレンジして、前開きに。身頃がかなりオーバーサイズなので裾に向かって前後5cmくらい絞った。

 元パターン(同書9頁より)

せっかくなので、

同じパターンで、タウン着も縫う!(袖パターンは自作)
身頃のぶかぶかはストリングで絞ってスッキリ。生地はノーアイロンでいけそうな綿ポプリン。楽ちんだわ~。

服地は大体こちらで調達↓ 素敵なアパレル生地が安い~ッッ
HARU

【おまけ】
 
服を着せてるトルソーはダンボールで作った(笑)。
世界に1つだけのぴったり自分サイズ……だったはずが、最近肥えたので肉付けが必要に!(汗)

いつも励ましの一打賜り、まことにかたじけないッ

スポンサーリンク