ブドウ植え床作り―根域制限シートの簡単な使い方

折り紙なら簡単! 無理に縫わない、根域制限シートの素直な使い方。

 針が一歩も進まない…こんなしんどい思いはもう不要!

さて、以前、カーポート屋根にブドウ栽培用のワイヤーを張ったのだけれど、

カーポートを遊ばせない!ワイヤーを張ってブドウ棚を作る
カーポート屋根に一人で誘引用ワイヤーを張ってみた記録。

肝心の植え床がまだ全部できていない(汗)。というわけで、

今回はカーポート足下付近の開拓。

まずはこの辺りを、

わっせわっせと掘り、

苦闘の末に作った根域制限バッグを設置。

根域制限バッグを自作する
ぴったりサイズの根域制限バッグを作ろうとするも、あれこれ手こずり、あわや企画倒れ寸前に。失敗と後悔の連続……を追体験できる?記録。

底面にはゴロゴロ土を入れて、

さらにコロコロ土と堆肥をブレンドして投入した。これで、ひとつできあがり。

カーポート面積は6×5㎡、本来ならブドウ1本入れるにもキャパ不足。ここに4本ぶっ込もうとしているのだから、樹勢を押さえてコンパクトに仕立てなければならない。そこで、根域制限バッグを使用するという次第。葉の展開面積とバッグの容量比については情報を見つけられなかったので、なんとなく200リットルにしてみた。大体お風呂1杯分。

続いてこのあたりも。

深さ50cmほど掘り下げた(とあっさり書いてるけど、土が固いので4時間もかかった……汗)。

ここから本題。

(→購入先はハセガワ工業さん)

以前、東レの根域制限シートを仕入れて、上記根域制限バッグを縫ったのだけれど、これが思い出すのも嫌なくらい、苦行で苦渋を舐めて……なので今回は、

 ばらけそうなところを適当にホチキスで留めただけ

バッグを縫わないで、折り紙のように箱を作った! これはもう嘘みたいにカンタン。切り出しも長方形で楽だし、張りがある素材なので折り目も良く付いて。サイズが大きく取り回しがちょっと大変だけど、2つ作るのに1時間もかからなかった。折りしろ部分のシートが無駄になったとしても、手間を考えたら断然こっちがいい。今後は大きいバッグは折り紙で、小さいバッグのみミシン縫いでいこうっと。

さっそく、設置。

底面にゴロゴロ土を入れて、

メインにコロコロ土と堆肥を入れた。

※土を入れるたびに外側へふぁーと広がりそうになるので、外側も都度埋めて行くと崩れない。

そんなこんなで、ブドウの植え床が全部準備できた(けど、植え付けは来春までおあずけ……)。ここ数日、ちょっと涼しかったので、一気に土木作業を終わらせることができて良かった~。

作業時間:9.5h

おまけ・ご近所のガーデン

ピエール&クレマチスがたわわ~

塀の上へ高めに誘引してあって、道路からよく見える。うちもこんな風に、道行く人に花を楽しんでもらえるように配置したいなァ。


いつも励ましの一打賜り、まことにかたじけないッ

スポンサーリンク