レンガの立水栓を作る(3) 完成

理想の立水栓のできあがり~! 作り方ポイントまとめも。

既存のものをやめて、レンガで新しく作り始めた立水栓。これまでの流れは、

レンガの立水栓を作る(1) 3種のレンガ積みを試す
レンガで柱を立て、水道管を通し、立水栓を作るプロジェクト。「穴あき柱」を立てるに最適なレンガの積み方とは?

柱を作って、(壊して、また作って)

レンガの立水栓を作る(2) 組み立て
「たった5円で作れる垂直器」を使って、立水栓をまっすぐ立てる。

水道パイプを通して、組み立てた。

総仕上げ

日にちが経って、モルタルががっちり固まった。心配だった水漏れもなく、ひと安心。

いよいよ仕上げに入る。まずは、土台のパイプ入り口をモルタルで塞いで(強度アップ&植物の根っこ進入防止のため)、

 5円垂直器を使いながら

柱にもう一段追加する。

 牛乳パック下敷きを使いつつ

さらに、レンガでこんな板を作って、

上に乗っけた。てっぺんが広くなったので、カゴとかハサミとかちょい置きできる。水栓の側に、こういうちょい置きできる場所が欲しかったん!

ちなみに、てっぺんはモルタル固定しなかった。なんとなく、パイプを上からチェックできたらいいかな……とか思い(レンガ板は重量があるので、グラグラはしない)。

今後もし柱の強度に不安が出てきたら、中にモルタルみっちり詰めて、てっぺん板も固定しちゃうかもしれない。

 (シェードガーデンの土を埋め戻した)

とりあえず、これで完成~!

ポイント

ということで、ど素人でも、なんとか水道工事&レンガ積みをやり遂げることができた。振り返ってみるにつけ、一番のポイントは、レンガの積み方とかよりも……工事中の水が使えない魔の時間帯を乗り切る知恵と精神力!?(笑) 何しろプロの仕事みたいにちゃっちゃっとはかどらない(上に終わり時間も見えない)ので……。

まずは事前準備

・工事前にトイレに行く(さらに公共トイレの場所を把握しておく)
・手を洗うための水を汲み置きしておく
・他の家族が出払ってる時間帯に工事する

工事を迅速に進めるため

・手順をイメージトレーニングしておく
・(元栓を止める前に)パイプライン・パーツをきっちり用意

工事がうまくいかないときや、水が必要になった事態に備え


【ネコポス対応】給水用!硬質塩化ビニール継手!TSキャップ(呼び13ミリ)

こういう止水キャップを用意しておけば、パイプの先端に接着して工事中断できる(って、後になって気付いたんや……)。

感想

そんなこんなで、初めての立水栓づくり。理想通りにできあがって嬉しかったのはもちろん、「蛇口をひねれば水が出る」っていうのが、なんて素敵にありがたいことなのかと、ハッとしてつくづく……!


いつも励ましの一打賜り、まことにかたじけないッ

スポンサーリンク