レンガ壁のデコボコを研磨する

スライスレンガの表面を削るため、2種類のディスクを試した結果。

冴えないコンクリ壁から、レンガ壁へと変身した土留め。

コンクリ壁に自作レンガタイルを貼る(2)メイン土留め編
ただのコンクリ壁をおしゃれなレンガ壁にみせかける第二弾。本丸を攻める!

いい感じなのだけれど、ずっと気になっていたのが、

表面のデコボコ。スライスレンガを切り出す際に、グラインダーの刃が届かなかった部分(タガネで折るとこういうデコボコになってしまう)。

壁貼り用スライスレンガを量産する―安全かつ効率的な方法
レンガタイルのマニファクチュア化に成功! ポイントはホールド力と小ワザの積み重ね。そして、根性!

今回は、このデコボコをグラインダーで研磨してみる。

前日(5/7)の雨を含んだレンガに、さらに噴霧器で追い打ちをかける。※しっかり塗らしておかないと、削る際に粉塵がどえらいことになる。

 保護メガネとマスクをつけて…

研磨用ディスクで、ガリガリっといくで!

使用したのはこういうの。
ヤナセ スパークディスク
ヤナセ スパークディスク A#120 SPA7

その結果、

おっ、結構目立たなくなった。よっしゃ、このままガンガン削ろう! と勢い込むが、しかし!

たった数枚削っただけで、満身創痍のディスク! 摩耗してつーるつるーのすってんてんに。

うーん、この手の刃は、いわば紙やすりのディスク版といった質感なので、対レンガとなるとさすがに荷が重すぎるのね。こらアカンわ。ってことでその場で金属刃を注文! 長く使えるようだから、ちょっと奮発。

 刃が重いのでハンドルを付けて…

今度こそガンガン行くでー!

結果、

がっつり削れた! 速かった! けど、刃に重量あるためか、グラインダーの振動ごっつい! ゴゴゴゴゴゴゴゴゴって唸るのを必死に壁に滑らせる。すぐに手がビリビリしびれて……(汗)。1分使って、数分休憩……というローテーションで削ることに。

あと、刃の跡が残ってしまう。見る角度によっては結構目立つ。うーん……仕事は早いけど仕上がり荒いな。

ということで、やすりディスク再登場!(予備に買い置きしていた新品)。これで仕上げの研摩を行う。

軽めにかけたところ、刃型がだいぶ薄れた。仕上げに使う程度なら摩耗も激しくないようだ(1枚で全面いけた)。

金属刃であらあら削り、やすり刃で仕上げ磨きした結果、無事デコボコが消滅した。

作業時間:2時間

金属刃はどうなったかというと、出っ張り部分が多少すり減った。けれど、減った部分もザリザリしたままだ(繊維状の金属を束ねて作ってある?)。ということは、出っ張り部分が残る限り使えるってことかな? まだまだいけそうだ。

それにしても手がしびれた〜!


いつも励ましの一打賜り、まことにかたじけないッ
スポンサーリンク

フォローする