TLUDストーブ【軽量ハイキングバージョン】を作る

ウッドガスストーブ界のニューウェーブ「TLUDストーブ」。構造は簡単で木炭も作れちゃうお利口さん。山に携行できそうなコンパクト版を作ってみた。

 これを1/5サイズに!

この連休に、大人4人でハイキングに出かける予定だ。せっかくなので、現地で燃料(薪)を調達して、野外クッキングとしゃれ込もうぜ! と相成ったので今回は携行用コンパクト版TLUDストーブを作ってみる。

(ペール缶バージョンはこちら↓)

TLUDストーブを作る
空き缶とペール缶で自作するTLUDストーブ。材料・道具・工程をご紹介。ソロストーブよりもロケットストーブよりも簡単なウッドガスストーブ! おすすめ!

作り方

ストーブ本体

材料

・ペンキ缶(4リットル)…1個

・空き缶…1個(上下を抜いておく)

・ボルト&ナット…3セット

ペンキ缶はスチール製。ホームセンターにて400円ナリ。ペール缶に比べて容量は1/5。

手順

ペンキ缶の底に穴をあける。目打ちや釘を打ち込んでもいいし、ドリルであけてもOK。サイズは4mm→後で6mmに変更。

穴を利用して、ボルトナットで足を付ける。これで地面から浮き上がるので、野外でも安定して底面吸気できるはず。

側面上部にぐるりと15mm穴を12個あけた。ステップドリルがあれば、穴あけしやすい。

次は、蓋に煙突を付ける工程。空き缶を付ける位置にまるっと印をつけて、真ん中に穴をあける。

穴を取っ掛かりに、ハサミで切り込む。ハサミはダイソーのキッチンバサミを使用中。この程度の厚さならば金切りバサミでなくても切れる。

煙突用の空き缶を添えながら、こんな風に折り曲げた。

煙突を受け止めてくれるような形状。かぽっとはめられて、かつツメが外側に出っ張らない(携行しやすさを考慮)。

できあがり。重さ427g。製作時間は小一時間。

さらに煙突よりも大きい空き缶で、五徳も作ってみた(→後で丈を長くして穴も大きくした)。

ミニBBQ台

TLUDストーブで出来た木炭でBBQもやってみたい。空き缶でコンパクトなBBQ台を作ってみよう。

材料

・空き缶……1個

・ボルトナット……短2セット、長4セット

手順

ハサミで空き缶を縦半分に切る(写真は底面に穴を開けて、それを取っ掛かりにハサミで切り込んでいるところ)。

切り口が鋭利なので、安全のためペンチで内側に折り込んだ。

短ボルトナットでジョイント。

長ボルトナットで足をつけて、サイドに空気孔をあける。

こんな感じで使ってみるつもり。BBQ台は36g(手持ちの網は97g)。

網は収納できないけど、その他(煙突、五徳、BBQ台)はストーブ内に収納できた。総重量は約750g。

試運転

山道で薪を調達することを想定し、近所の遊歩道脇で朽木を拾ってきた。軽くてかすかすしてる。しかもペール缶に比べると容量はぐんと少ない。すぐいっぱいになる。大丈夫かな。

新聞紙を1/4枚ほど乗っけて着火。

蓋を乗せて……お、いい感じ。青いガス火で燃え上がる。

五徳にやかんをかけて……しばらくすると炎が小さくなり煙が発生(汗)。

発煙するということは、燃焼効率が悪い(&近所迷惑!)ということだ。おそらく、①五徳内部で上昇気流がこもってしまうのと、②底面の吸気口が小さすぎたのが原因でないかしら。

その後、40分ガス火が燃えて、計3回ほど炎が小さくなり発煙してしまった。水2リットルは沸騰せず(76℃)……カップラーメンさえ作れない有様(汗)。

ということで、五徳を改良。穴を広げて窓を大きく。空き缶を付け足し、丈を5cm延長。

底面の穴は4mmだったものを6mmへ広げた。

と、ここでタイムアップ! さらなる試運転を経ないまま本番へ向かう。えっ。

はたして大人4人分の食事をまかなえるのか!? ラーメンとか生ソーセージとかきのことかお芋とか、生では食べられない食材ばかり持っていく予定だ! えーっ!

つづく

TLUDストーブ【軽量ハイキングバージョン】実践編
未完成のストーブを持ってハイキングへGO! 野外クッキングの結果は…

いつも励ましの一打賜り、まことにかたじけないッ

スポンサーリンク