幽霊画ブロック塀に自作レンガタイルを貼る【前編】

おどろおどろしい汚ブロック塀……レンガを貼っておめかししてみた。&早咲きつるバラトリオに癒やされる。

今回は汚ブロック塀の美化作業。バトルフィールドはここ。

 おわかり頂けるだろうか…

汚れに汚れ、幽霊画と化していたブロック塀……に先日ケルヒャー砲をぶちかまし!

高圧洗浄機で汚ブロック塀ぜんぶ洗う
ご近所さんに大人気! 見学多数、飛び入り参加もありで、ケルヒャー祭り状態。

ゴーストバスターしたのだった。今回は、この壁と右下のレンガ壁との統一感を演出するのが目的。

というわけで、まずはてっぺんレンガ積みから。昼間暑すぎて作業しづらいので、夕方からのスタート。

積み終わる頃には、月が輝き日は沈み、ご近所から晩ご飯のグッドスメル漂い始めひもじくなり、まだモルタル汚れを洗い終わってなくて焦り中。

翌朝仕上がりをチェック。モルタル汚れなし、よかった。

夕方からスタート。下部にスライスレンガを貼る作業だ。貼り方はいつも通り。

コンクリ壁に自作レンガタイルを貼る(2)メイン土留め編
ただのコンクリ壁をおしゃれなレンガ壁にみせかける第二弾。本丸を攻める! 効率的な手順も習得。

ただ、いつもと違って……

アリンコめっちゃおる!(汗)

あーたたちッ、こんなとこウロウロしとったら巻き添え食うで!(それにしても、濡れたモルタルの上をがんがん歩くアリンコ……足の裏どないなっとん。毛わしゃわしゃ?)

アリンコがいない隙を狙って必死にレンガを貼り、なんとか日暮れギリギリセーフ。

レンガが乾いた二日後、チェック。

よしよし、一体感出てきた(相変わらず汚庭っぷりが凄まじいけど……汗)。

ところで、この壁、出角が多い。このままじゃ、しっくいで角を仕上げなきゃいけなくなる素人にはたいへん難しい出角塗り……を避けるため角にレンガを貼って処理するのが穏当だろう。とすると、考えうるのは、

①こういう貼り方とか、

②こんなんとか、

③これ。

ラインがスッキリしてる方が好みなので、②か③のどっちかかな。レンガが足りなくなってしまったので、買い出しに行くまでの間熟考しようっと。

作業時間:3時間30分

おまけ

いつも癒やされているご近所のガーデン。本日は、

 見上げる位置に咲く、孤高のバラ園。

南向きフェンスに豪快に誘引された旬のつるバラトリオ。右から、黄モッコウ白モッコウナニワノイバラ

満開。

五分咲き?

六分咲き?

それぞれ、開花時期が少しずつ違っているんだなぁ。毎日、通りがけに観察していて、黄モッコウの次に白モッコウがぽつぽつ来たーッ……と思いきや、ここでナニワが一気に巻き返し爆発寸前に!

総長20メートル近いフェンスを一季咲きでまとめる潔さよ……桜の一瞬のきらめきのよう。これが夏になると、バラの上をつるが這って、カボチャがぶらぶら揺れるのだ! スペースの有効利用で、花も実もあるガーデニング。私の理想形。

【2018.07.17追記】

夏はこんな感じに!


いつも励ましの一打賜り、まことにかたじけないッ

スポンサーリンク