ブロック塀の笠ブロックを取り外す&クラック補修

コレが取れなきゃこの先どんなに盛っても、「元ブロック塀感」丸出しガッカリ間違いなし!な笠ブロックを取り外す奮戦記。

 これがダサブロック、じゃなかった笠ブロック

昨日に続いて、ブロック塀の戦い。

笠ブロックを取り外す方法

さて、散々ダサいだのみみっちいだの三角の意味ないだのとディスってきた笠ブロックであるが……これが取れなきゃ、今後の士気だだ下がり必至であるため、必死でかからねばならない。

で、こやつはブロック塀の上にモルタルで接着し置いてあるものだ。ブロック塀と渾然一体ではないのだから、接着部分に衝撃を加えれば、笠ブロックだけ外れてくれるのでは?

ということで、とりあえず端から攻めてみよう。ブロック塀とのジョイント部分、線のようなわずかな隙間に、えいやっとタガネを打ち込んでみると……ゴトッという、笠ブロックのずれる音が!

ひょいと持ち上げ、取れる。やった! この調子でどんどん外していこう!

たまに、むっちゃ接着してて外れにくい笠ブロックがある。そういうときは、近辺の外れやすそうなところからタガネを打ち込むと、

無理やり風味で引きはがせる。向こう側(お隣さんち)に落っこちないよう、慎重に取り外す。

最後の最後でラスボス登場。身を粉にして立ち退きを拒否する、ど根性笠ブロック。

地道にコツコツ削り取る。ちょっとデコボコしているけど、新たに笠レンガを乗っける際にモルタル厚を微調整すればいっか。

ということで無事、笠ブロック除去、完了。

作業時間:1時間30分

クラック補修

さて、これから先は、ブロック塀のクラックやら溝やらを埋める作業だ。表面を平らにしておかないと、しっくいの塗り上がりに影響が出てしまうものね。

まずは試しにクラック部分。モルタルの接着を良くするべく、水をかけて湿らせる。

補修用モルタルは割高なのでパスし……なんとなくセメント率多めのセメント1:砂2で作ったモルタルを使ってみる(自己流)。ちまちま壁に塗り込んでみると……お、大丈夫。ちゃんとくっつくぞ。よしよし、いい子だ。

という感じで、今後は粛々とモルタル埋めをやっていく予定。それ以外の変わった作業をしたときや何か思いついたときは記録に上げようと思う。

取り外した笠ブロック約40個……何かに有効利用できないかな。傾斜地の園路の踏み石として使おうかな。


いつも励ましの一打賜り、まことにかたじけないッ

スポンサーリンク