もっと簡単なTLUDストーブの作り方

ドリル不要! ペール缶を利用したTLUDストーブ(ウッドガスストーブ)の作り方をご紹介。所要30分ほどで完成!

以前自作したTLUDストーブ。無煙かつ炭も作れる薪ストーブで、とてもお気に入り。今回はもっと簡単に作れるのでは? とひらめいたので、早速やってみた。

出来上がりはこんな感じ。違いは、側面の丸い吸気口の代わりに、ペグを挟んで隙間を作ったこと。面倒な吸気口あけの工程を省略できる。以下で作り方と使い方をご紹介(なお、作り方画像は一部過去記事からの再掲)。

 これ不要。そのため、ドリルもドリルビットも不要。

材料

・ペール缶 1個
・大きめの空缶 1個
・鉄製のペグ(または厚さ1~2cm程度の棒状の物) 2本

※ペール缶はホームセンターでも入手できる。蓋と本体で計1000円程度。

道具

・太めの釘と金づち
・刃こぼれしてもかまわない普通のハサミ(または金切りバサミ)

作り方

ペール缶本体の加工

ペール缶の蓋をあけて、

残りオイルを拭き取る。

釘(私は目打ちを使用)で底に穴をあける。

このくらいでOK。

持ち手のプラスチックを取り外す(熱で溶けてしまうため)。本体はこれでおしまい。

フタの加工

蓋のオイルを拭き取り、ウレタンゴム様のパッキンを取り外す。

注ぎ口の紙っぽいパッキンも外す。

煙突付け位置に印を付け、真ん中に穴をあける。

穴をとっかかりに、ハサミで切込む(ダイソーのキッチンバサミを使用中)。

上下を抜いた空缶をはめる。空缶のラベルは剥がしておく。

蓋と本体との間にペグを挟んで置き、完成。(不燃性の、高さ1〜2cm程度の棒状のものなら何でもいいのだけれど、鉄パイプを使う場合は、転がり防止のために、潰すとよさそう)

ペグをはさんで出来た隙間が吸気口の役割を担っている。

使い方

ストーブをレンガの上に設置。木や竹を縦に詰める。今回は乾燥したものや生木も入れている。

新聞紙を1枚乗っけて着火。

蓋をする。

ちょっと火力が弱いかな。木に引火しづらいみたい(薪の材料や太さ形状により引火しやすさが異なる)。

そんな時は、隙間からダンボールの切れ端を追加すれば、

勢い良く燃え出す。横から見ると、炎が煙突に吸い込まれていくのが見える。なお、初回の火入れ時はペール缶の表面塗装が焦げるので注意(写真のように上から下へと焦げていく)。

青いガス火で燃え盛る。TLUDストーブは安定感あるなあ。煙も出ず、一定の火力で燃え続けている。

着火から50分後。ようやく炎が落ち着いた。中では炭が赤々と燃えている。

蓋を外すとこんな感じ。水をかけて消火する。出来た炭は、乾燥させてBBQなどに利用できるそう。

このような感じで、前回作った側面吸気口あけタイプと遜色なく機能してくれた。隙間から着火用ダンボールを差し込めるのも便利だった。ドリルがない場合は、こんな作り方もおすすめ。

ブログ村テーマ
手作り、自作アウトドアグッズ


いつも励ましの一打賜り、まことにかたじけないッ

スポンサーリンク