剪定祭りを開催する

敷地内にそびえ立つ高さ10m超の大木!お隣さん地へ越境中(汗)。その大枝をぶった切る!

我が家の敷地の一部は、傾斜地になっている。実はここに、ごっつい木が数本乱立しているのだ。

でーんと幅を利かせるのが、常緑のトウネズミモチ(自然生え?)。その横にカリンやヤマザクラが控える(これは前主の植栽かな)。このトウネズミモチ、樹高は10m超の大物だ。とにかくごつい。その枝の一部は派手にお隣さん地へ越境している(汗)。引っ越してきてからずっと気になっていた。昨日今日で、旦那氏と二人、この辺りでノコギリを引きまくった。

高いところは高枝ノコギリで。これが結構スグレモノで、太い枝(直径20cm超え)にもがんがん食らいつく。新品なので切れもいい。

手の届くところは、手ノコできっちり。

2日間(計7時間)かけて、これが、

こうなった。すっきり。

カリンの木は間延びしてホウキみたいな樹形になっている。長らく放任されていたのだろう。樹間に日が入るように切った。今年は透かし、来年は高さを切り詰めようと思う。庭木の剪定をするのは初めてで、ぐるぐる見上げながらあれこれ悩んで時間がかかってしまった。

ヤマザクラの枝も一部落とした。なかなかいい太さ。これを玉切りにして、

庭先で保管する。これにキノコ菌を植えてキノコの原木栽培にチャレンジするつもりだ。


いつも励ましの一打賜り、まことにかたじけないッ

スポンサーリンク