回転式土ふるい機のネットを張り替える

庭土のガラが多すぎる問題について、一計を案じる。土ふるい機に細工して利用可能な土を増やしてみよう。その仕分け具合はいかに? ガラは減らせるのか?

張り替え用ネットの準備

最近フルに活用している土ふるい機(みのる産業 SC-1)。付属のネットの網目は約5mm。

5mm目を通った土は、サラサラで細かい。でもこれだと、サラサラ土:ガラ=1:1となり、ガラが多すぎてしまう。

そこで、もう少し大きい目に張り替えて、再利用可能な「コロコロ土」を産出しようと思う。張り替えに必要なネットのサイズは46.5cm幅×1m10cm程度。

あちこちホームセンターを回って、ちょうどよさそうな大きさの網目を見つけた。約15mm目だ。トリカルネットという商品らしい(税抜き839円/m)。金属製ではないものの、屋外用なので丈夫そうだ。ハサミで切れるので加工もしやすい。これでいってみよう。幅が広いので(101cm)、60cm買って、半分に切って、貼り合わせることにする。

60cm買ってきた。

半分に切った。

土ふるいにあてがってみると、まだちょっと幅が広すぎる。はみ出る部分をハサミで切り落とす。

切り落とした。

ついでに、切り売りの際にでたバリも切り落とす。

本体ネットの取り外し

さて、本体に付属するネットは、4カ所のバネフックで留まっている。これを取り外す。ぎっちぎちなので、結構力がいる。

バネフックを外すと、ネットがびょーんと伸びる。そのままスルスル取り外して、保管しておく(バネフックは後ほど使う)。

張り替え用ネットを一枚乗っけて、

もう一枚乗っけて、

2枚を結束バンドで連結する。これで実質1枚物のネットとなった。

続いて、ネットの端をバネフックで留める。バネフックは細い金属なので、トリカルネットに食い込んで破れないか不安だったけれど、結構大丈夫そうだ。

使ってみる

いよいよ土をふるってみよう。以前、5mm目で仕分けたガラを、

土ふるいに投入する。くるくる回すと……おお、普通に使える! よかった! そして、網目が大きいため、仕分けがスピーディに進む。

気になる仕分け具合はこんな感じ。コロコロ土は、サイズ的には赤玉土の大粒くらいまでかな。このサイズなら、小石でも許容できそう。我が庭は、かなりの粘土質で水はけ・通気性が悪そうだ。このコロコロ土を下層へ投入するといい感じになるのでは。

5mm目、15mm目、ガラ、の比較はこんな感じ。

コロコロ土と、ガラが大体1:1の割合になった(手前コロコロ、奥がガラ)。ということで、うちの庭土の組成はサラサラ土:コロコロ土:ガラ=2:1:1。庭土の75%は再利用できることになりそうだ。

とか言いつつ、ガラ埋設場の容量によっては、さらに大きめの「ゴロゴロ土」なる再利用カテゴリーを新設することになるかもしれないが……。

作業時間:3時間


回転土ふるい機 SC-1 ハンドル回転式(手回し式 手動式 )即発送


いつも励ましの一打賜り、まことにかたじけないッ

スポンサーリンク