ペール缶ぬかくど(試作品)を作る

ペール缶でぬかくど(もみ殻ストーブ)を自作する。課金アイテムとして、ホンマ製作所のステンレス煙突を投入。構造・材料・工程をご紹介。

ペール缶でもみ殻くん炭を作ろうシリーズ、そろそろ素直にぬかくどを作ることにする。なお、材料はとっくに入手していたところ、えげつない風邪をひいて1週間ダウンしており(汗)、本日ようやくの着手となった(風邪の床でぬかくど作りのイメージトレーニングに励んでいた(笑)。

ぬかくど作りの方向性としては、前回うっかりぬかくど化したTLUDストーブ↑を元に、①中筒を大きく、②煙が出た穴や隙間を無くす、というイメージ。

構造はこんな感じ。

材料

・ペール缶(ガソリンスタンドで頂いたもの)
・ステンレスの煙突(ホンマ製作所 直径120mm 長さ455mm)


ホンマ製作所 ホンマステン半直筒φ120

※煙突は直径150mmにしようと思っていたのだけれど、近所のホームセンターには120mmまでしか置いてなかった。
※ペール缶はホームセンターで購入も可能。本体と蓋で合計1,000円程度。

工程

ペール缶の残りオイルを拭き取る。

(前回は気付かなかったけれど)蓋の内側にウレタンゴム様のパッキンが挟まっている。引っ張って取り除く。

パッキンが外れた。蓋のオイルも拭いておく。

注ぎ口の蓋を取ると、紙っぽい質感のパッキンがくっついていた。これも取り外す。

注ぎ口のオイルも拭き取る。

仕上げにアルコールを吹き付け、オイルのぬめりを拭っておいた。

底に穴をあける。今回も目打ちを使用。

なんとなく前回のTLUDストーブよりも多めにあけてみた。じっと見つめているとウッと気持ち悪くなるくらいあけた。

煙突(中筒)を通す部分に印を付け、

中央に穴を開け、

穴を取っ掛かりに、ハサミで切り込む。今回も金切りバサミではなく、ダイソーのキッチンバサミを使っちゃった。これで十分だった。

ツメを切りそろえて、内側に折る。これでペール缶の加工はおわり。

次は煙突に穴をあける(ペール缶の外に飛び出す部分にはあけない)。ここでは煙突がベコベコにならないよう、電動ドリル&ステップドリルビットを使った。

初めは8mm穴×18個×4列あけていたけど、だんだんしんどくなり……(ステンレスって固いんだな。汗)。とりあえず、12mm×8個×4列を追加して良しとする。

ペール缶に煙突をはめ込み、取っ手のプラスチックを外して完成。

制作時間:2時間

さて、煙を出さずに燃やせるのか? くん炭はできるのか? 火入れは次回


いつも励ましの一打賜り、まことにかたじけないッ

スポンサーリンク