TLUDストーブでもみ殻くん炭を作ろうとする(2)

自作のペール缶TLUDストーブで挑む、もみ殻くん炭作り第2回。ちょっと小細工してみると、意外な結果に。

前回は通気不良のために失敗したのでは?ということで、今回は空気の通り道を作ってみる。

海苔のカンカン登場。

穴をあける。

2つともあける。ベコベコになってしまった……電動ドリルを使ったほうがよかった……(汗)。

缶の底を、缶切りで抜く。蓋も取る。

2つをジョイント(はめ込んでいるだけ)。

ストーブ中央にセット。

もみ殻を投入。中筒の容量分、もみ殻が少なくなってしまうけれど、致し方なし。

新聞紙を置いて、着火。

あっという間に火が消える。うーん。

炭化したのは新聞紙の直下だけ。ということで、またまた失敗。

やはり、もみ殻がみっちり過ぎて、煙突効果が得られないのだろう。そこで、

新聞紙をひねって、先端に着火。

中筒に突っ込む! ソロストーブと同じノリだ。煙突効果で新聞紙は大炎上するはず。でも、ソロは燃料が尽きると火も消える。これも新聞紙だけ燃えて終わりなのか……

と、思いきや! 筒の中で新たな火が上がる。新聞紙は燃え尽きたが、炎が一定の火力でユラユラ燃え続ける(そして、上から下へとじわじわ移動していく)。熱せられたもみ殻から発生するガスに火がついているのだろう。これは、いわゆる「ぬかくど」状態?

※ぬかくどは、もみ殻を利用するかまど。今回と同じく外筒と中筒の二重構造で、ガスを燃焼させ、もみ殻くん炭を生成する。えっ、じゃあ最初からぬかくど作ったらええやんって話なのだが、二重構造ゆえに投入できるもみ殻が少なくなってしまうので、敬遠していたのだった(そして、一重構造のTLUDストーブに目をつけた)。

さて、いい調子で炎が揺らめいていたのだが、炎が下へ移動し始めると問題発生。煙がもわ~っと立ち上がる(汗)。ニュアンスとしては線香100本くらい? 浅草寺くらい? 観察すると、側面にあけた吸気孔と、煙突の隙間から煙が漏れ出ていた。これはよろしくない。

着火から45分後、ガス火が消えた。

蓋を開けてみると、なんと! 炭化していたのは中筒の周囲のみであった……。

ということで、①一部しか炭化しない、②煙が出るという点で失敗である。一方で、中筒の固形燃料がなくなっても、ガス火が燃え続けるという収穫もあった。

次回は失敗点を克服するべく、中筒を大きくするなどの工夫をしてみよう。って、これどんどん「ぬかくど」に近づいていくのでは……。


いつも励ましの一打賜り、まことにかたじけないッ

スポンサーリンク