側溝を植え升に変える

今日から汚庭作業を開始。お役目終了した側溝を植え升にトランスフォームする。土の重さにジャブを食らう。

手始めに簡単そうなこの辺りからやってみることに。

北側に一部側溝がある。これは古家(撤去済み)の雨水を流すために使われていたものの残骸。今の家の雨水は土中の雨水管へ流しているので、側溝は不要。ちなみに右側の擁壁に水抜き穴があるが、台風の大雨時でもほとんど水が出てこない。

ということで、ここはもう土で埋めて、日陰に育つ野菜(ミョウガやコゴミ)を植えることにする。この子たち、地下茎で増殖するから、側溝の枠組みでガードすれば通路にはみ出さなくてちょうどいいと思う。

底に少し土がたまっている。移植ごてでガシガシ漁ると、石ころが出てくる。ときどきゴミも。

石ころとゴミを拾った。

さっぱりした(違いがよくわからないけど……)。

これは今の家を建築中に余った山砂。ふるって、庭の隅に積んで保管しておいたもの。一輪車で運び込む……が、通路が狭いので通れず、近場で停めて、バケツに入れ直して側溝に運ぶ。この作業が地味にきつかった。土って重たいなぁ。

7分目くらいまで埋まった。雨が降ったらもう少し下がると思う。有機物ゼロなので、いずれ落ち葉堆肥か何かを投入しようと思っている。

【2017/11/30追記】
現場で落ち葉堆肥を仕込むことにした(土ごと発酵)

植え升で落ち葉堆肥を仕込む(土ごと発酵)
現場で堆肥を作る「土ごと発酵」にチャレンジ。堆肥枠不要、切り返し不要。置いとくだけで土が団粒化するだなんて、アータなんて楽ちんなのか。

さて、山砂が入ってきれいなのだけれど、このままにしていると、野良猫のトイレになってしまう。

とりあえず、刈り草や撤収したゴーヤーのつるでカバーしておいた(ら、また殺伐とした感じになってしまった。汗)

本日の作業時間2時間30分。


いつも励ましの一打賜り、まことにかたじけないッ

スポンサーリンク